リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ニュースリリース

2008年

12月8日
ギブン・イメージング社、メドトロニック社から胃食道逆流症(GERD)診断用Bravo® pHモニタリングシステムに関するビジネスを買収
-消化管製品ポートフォリオと競争力を強化:買収により売上と利益の増加予想-

11月21日
ギブン・イメージング社発表
フランス保健省がPillCam® SBカプセル内視鏡の保険収載を最終決定
-低侵襲性小腸疾患検査ツールがフランス国民6,400万人に対して保険適用となる-

11月20日
カプセル内視鏡による管腔内画像解析が消化管運動評価に有効であることを研究で確認
-新しいアプローチは、現在の標準療法と同等の有効性で低侵襲-

10月22日
PillCam® SB カプセルの撮像画像をリアルタイムで観察できる
携帯型機器「RAPID®リアルタイム」を発売開始

10月21日
PillCam® SB、新たな多施設共同研究で8 歳以下の小児患者に対する有用性を確認
-別の研究で、原因不明消化管出血成人患者に対する初期診断方法としての有用性を実証-

ギブン・イメージングがカプセル内視鏡と小腸疾患に関するお役立ち情報サイト
「カプセル内視鏡飲むだけドットコム」を開設(http://www.nomudake.com)

10月20日
PillCam® COLON、潰瘍性大腸炎検査における
ゴールドスタンダードの大腸内視鏡検査と同等の精度であることを実証
-活動性潰瘍性大腸炎は結腸直腸癌のリスク要因- 

10月6日
日本初、カプセル内視鏡検査に特化した読影支援サービスを開始
-経験豊富な消化器内視鏡専門医が読影診断をサポート -


PillCam® ESO、刑務所内の肝硬変患者に対する医療費を90%削減することを研究が証明
-食道静脈瘤の現場検査ツールによってリスクを最小化- 

8月6日
ギブン・イメージング社 第2四半期業績報告

7月14日
米国オハイオ州で大手保険会社がPillCam® SBを小腸の一次検査機器として認定

5月20日
PillCam® ESOが肝硬変患者の食道静脈瘤検査として有望であることを臨床研究で確認 

5月19日
PillCam® COLONが大腸内視鏡検査を補完し、結腸直腸検査数を増加させる可能性があることを臨床研究で確認 (PillCam® COLONが従来の結腸直腸検査方法と比較して有望な結果を示す)

5月15日
オーストラリアでメディケアからPillCam® SBの永続的な財政支援資格を取得

5月13日
ギブン・イメージング社 第1四半期業績報告

ギブン・イメージング社が海外で発表しているプレスリリースはこちらから。​​