リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

PillCam カプセル内視鏡システム

PillCam カプセル内視鏡システム

image description 

 PillCam® カプセル内視鏡システムはPillCam® SB カプセル(以下カプセル)を使用した小腸画像診断システムです。カプセルは、カラー撮像カメラを内蔵する単回使用撮像装置です。嚥下されたカプセルは、蠕動運動により消化管内を通過しながら画像を撮像し、自然に排出されます。カプセルから送信される画像データは、患者様の体に貼付したセンサアレイを介して受信され、患者様の腰に装着されたベルトに収納したデータレコーダに保存されます。検査の間も患者様は通常このベルトを付けながら、日常生活を行うことができます。およそ8時間の検査で、約55,000枚の画像が撮像されます. 

画像は画像解析用ソフトウェア「RAPID® ソフトウェア」が搭載された専用ワークステーション
「RAPID® ワークステーション」にダウンロードされ、データのコンパイル処理後、ビデオ画像が作成されます。医師はRAPID® ソフトウェアを使用して、静止・ビデオ画像の保存、編集、アーカイブおよび診断レポートの作成が可能となります。同システムによる小腸検査により、出血の疑いなどの異常のある部位の特定が可能になり、有効な画像診断が実現します。
 

特長

PillCam® カプセル内視鏡システムは、従来の内視鏡やX線画像検査よりもシンプルに、非侵襲的に小腸全体の画像化を実現した診断機器です。
 

Clear - クリアな画像

  •  小腸内の画像を収集
  • 光学イメージセンサーテクノロジーの使用により、自然でクリアな画像を撮像

Simple - シンプルな検査

  •  カプセルを飲み込むだけのシンプルな検査
  • 洗浄不要で単回使用
  • 患者様は検査中の行動の制約を受けない

Conclusive - 診断支援

  • 豊富な診断支援ツール
  • 使いやすいソフトウェア・インターフェース
  • 全世界で200万人以上の使用実績
  • 1,500以上の医学論文 
  • 3,000件以上のクリニカルエビデンス

主なシステム構成

 

 Summary Links

 
カプセル内視鏡関連リンク