リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

患者様とご家族へ

カプセル内視鏡検査について

カプセル内視鏡検査って何?

​カプセル内視鏡検査とは

超小型カメラを内蔵した長さ26mm×幅11mmのカプセルをビタミン剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
 
カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、画像を記録装置に転送します。
医師はこの画像をもとに小腸の診断を行います。



注意:カプセル内視鏡検査は、主治医の指導のもと適切な方法で検査を実施してください。
 

カプセル内視鏡検査の特徴

従来の小腸検査に比べ、苦痛がほとんど無い検査です。
検査中は日常生活ができます。
 
検査開始2時間後からお水、4時間後から軽い食事を取る事ができます。
 
すべての医療行為にはリスクが伴う場合があります。安全かつ効果的にカプセル内視鏡検査が行えるように、検査に伴うリスクや禁忌(禁止事項)、適応症などについては、主治医から事前に説明があります。

カプセル内視鏡検査の流れとは

1.検査の前日

消化の良い食事を午後10時までに取り、その後の飲食はお控えください。
喫煙はカプセルを飲む24時間前からおやめください。
 

2.検査の始まり

病院でアンテナを腹部に貼付し、記録装置をベルトで腰に付けます。
 
カプセル内視鏡を適量の水で飲み込みます。その後は職場に、ご家庭にお戻りいただけます。
 

3.検査の終わり

およそ8時間後、病院に戻り、アンテナと記録装置を返却します。
カプセルは排便時に、体外に排出されます。
排出されたカプセルは所定の回収バッグに入れ、地方自治体や病院のルールに従い、適切に廃棄してください。
 
医療機関によっては、検査時間や指示内容が異なる場合がありますのでご注意ください。
消化管開通性評価について 病気で消化管が狭くなっている場合は、カプセル内視鏡検査を行う前に、消化管開通性確認用カプセルを使用してカプセルが消化管を問題なく通過できるかどうかの確認を行いますので、安全にカプセル内視鏡検査が実施できます。 消化管開通性確認用カプセル  

小腸疾患の診断に役立ちます

小腸は、全長が6m〜7mと長く、全消化管の75%を占める、体内で最も長い臓器であり、従来の内視鏡やその他の検査方法では十分な観察が出来ませんでした。そのため、優れた検査方法の開発が望まれていました。

カプセル内視鏡検査は、従来、他の小腸検査では見逃されてきた病変の検出が可能であることを証明しました。

特に原因不明の消化管出血例のうち小腸腫瘍が発見された症例は、全562症例のうち約9%にのぼり、そのうち約半数が悪性腫瘍であったとの報告もありました。

カプセル内視鏡を飲むことで小腸内を直接観察し、クローン病や原因不明の消化管出血など小腸疾患の診断を簡単に苦痛なく行える検査です。

カプセル内視鏡検査は
小腸が対象です。

カプセル内視鏡と小腸疾患に関する情報はこちらからご確認ください。
​大腸カプセル内視鏡についてはこちらのリーフレット​​をご確認ください。